おしゃべり好きワーママの話のタネ

おしゃべり好きな私の脳内に溢れている話題を好きに綴っています

真実の檻

f:id:cmartinix:20190625202056j:image

ミステリー小説マニアの夫に勧められて読んだ。

確かに超面白かった😊

 

えん罪事件がテーマのミステリー。

えん罪を生み出してしまう検察内部のシステムや被疑者、被告に対する検察官、裁判官の心理など、実際こういう感じなんだろうなぁとか思いながら、読んだ。

 

ところでちょうどこの小説を読み終わった頃、テレビで冤罪事件を再現した特集番組やってて、

そこに出演してた元検事が、検察庁の中で「冤罪」という言葉は聞いたことがない、って言ってた。

無罪になったときは、こちらの立証が足りなかったのだ、と考えるそうだ。

起訴した被告人が真犯人でないかも知れないという発想がないってことだ😰

なんだか、、一般常識とズレてて怖いな。

 

世の中、たくさんの凶悪な犯罪があるし、被害者や遺族の無念を晴らしてやりたいっていう正義感なのかも知れないけど、冤罪は生み出してはならないって意識は常に持っていてほしいものだ。

 

昔、ボスが受けた国選の刑事事件で、スピード違反で起訴されたけれど、本人は絶対にスピード違反はしていない、警察の測定ミスである、レーダーの誤作動であると無罪を主張していたケースがあった。

被告になった方は、知的な職業の方でパソコンで証拠資料を作成してきたり、言い分も説得力あるものだった。

 

レーダーで速度違反を測った警察官は道路に出てきて仁王立ちで両手を広げ、被告の車を停止させた👮‍♂️

そこで、正確な測定に必要な対象車とレーダーとの距離を示し、もしレーダーの測定範囲に車が入った時に検察主張の速度が出ていたなら、警察官が道路へ出て来るまでにかかる時間が○秒、その間に車が○m進むので、停止を促した警察官の手前で車が停止できたはずはない!警察官が車の前に立てたのは、それが間に合う程度の速度しか実際は出ていなかったことを証明しているという主張🤔

 

私も裁判中にボスから話を聞きながら、一般人の感覚として、依頼者の言ってることは筋が通ってる、無罪になるんじゃないか?って感じていた。

 

しかし、結果は有罪😠

起訴されると99.9%有罪の日本のご多分に漏れない結果だった。 

 

国選だと控訴審は他の弁護士が選ばれるんだけど、依頼者は控訴審もボスにお願いしたい、と私選に変えて引き続き闘った。

 

この事件の速度違反がどのくらいだったか覚えてないが、警察官が道路に飛び出して両手広げて停車を促したってくらいだったから、せいぜい制限速度60kmのとこを10kmオーバーとかそんなもんだったんだろう。それくらいのスピード違反で、前科も無い無事故無違反だった一般市民が起訴までされることは無く、このケースは本人が計測ミスだと言い張ったから起訴されたんだろう。

 

けど、裁判なんて時間も取られて仕事や日常の生活に影響大きい。

そこまでして控訴までも時間費やして本人が闘うのは、無罪を本人が確信してる証拠だよな、、って私は思った😠

 

刑事事件で裁判官は、ほぼ検察目線だよな〜😩という印象を持たずにいられない。

 

この裁判の後、ボスがお酒の席で話したことだけど、世の中たくさんの被疑事件がある中で、検察は証拠やアリバイ、証言を揃えて、よほど有罪がとれる!という確証がなければ、なかなか起訴をしないらしい。そういうものだから、裁判官にとっては、検察官が起訴したのだから有罪に違いないだろうって考えがちなのだとか😥う〜ん…

 

私の勤める法律事務所は、基本的に刑事は国選で回って来たものしか受けない。

上のスピード違反の冤罪を闘った事件以外では、この小説のような、真犯人ではない!というえん罪事件は無く、「被害者の誤解です」とか、「私は第三者にはめられたんです」とか、「自分でクスリを使用したのではなく、意識を失っている間に知らない人に注射されたんです」😧とかいう、微妙に冤罪を争うものしか見たことない。

そして、、100%有罪🙄

 

小説にも出てくるが、裁判官の事件処理のこと、うちのボスがよくこぼしてる😓

私は弁護士ではないので法廷の傍聴は今まで民事の集団訴訟に3回くらい、刑事で1回程度で、裁判官の事件処理などよく知らないが、

日ごろ弁護士が言ってるのは、裁判官が判決を書きたくないから無理やり和解に持ち込みがちという話😥

 

裁判官は大量の事件を担当して、弁論期日の傍ら、それぞれの事件で双方当事者が提出する主張書面やら証拠を大量に読み込んで、争点整理をしなきゃいけないから、想像できないほど忙しいのでしょうけど。。😔

 

こんなに証拠出してるのに、それっぽっち?って悲しくなる和解案を見ることもある。

 

特に交通事故😞

脊髄損傷でもない限り、被害者がゴネ過ぎと見てるかのような低い和解案ばかり。

原告はお金が欲しいんだからある程度の金額にしておけば満足するだろう、被告はたいていが保険会社なので、支払いを1円でも抑えたいだろうから、このぐらいの和解金額なら呑んでくるだろう…って感じが透けている🙁

 

私が事務所入りたての頃はそこまであからさまな印象はなかったけど…

自動車保険が弁護士費用特約を売り始めて交通事故の裁判が増えていると聞くから、このごろはバサバサ和解で捌いていきたい心境なのかも😵

 

しかも、和解を蹴ると判決で裁判官が若干報復してくることもあるらしい😳

 

控訴審で弁護士が1審判決を見直してもらおうと一生懸命に長い理由書を作り、証拠を整えて提出したって、1回目の期日で、原判決と変わらない内容の和解を促されていたり。

裁判官、本当に理由書と証拠見てるんですかね?と思わず弁護士に尋ねたよ、アタシャ🤭

 

小説では、ストーリーの鍵となる受刑者は、冤罪と言っても少し経緯が違うのだけど、そこがまたミステリアスで面白い。

 

この作家さんの小説が面白かったので、立て続けに夫のおススメを読んでみた。

「生還者」「失踪者」「闇に香る嘘」どれも良かった。最後に感動と🥺涙ありだった💧