おしゃべり好きワーママの話のタネ

おしゃべり好きな私の脳内に溢れている話題を好きに綴っています

年金問題

年金で不足する生活費を補うのに2千万円の貯蓄が必要👛という金融庁の報告書に、国会と世間はザワついている🙄

 

2千万円と金額を明示したせいでインパクト強すぎたんだろうけど、これと同じ話は、随分前からファイナンシャルプランナーさんが言ってるのをいろんな記事で見てきた。

私にとっては、もう今さら驚く話ではない🤷🏻‍♀️

 

日本の年金は今や、ベーシックインカム程度の役割しかない💰

 

ただ、別に2千万円の貯蓄が無いと暮らせないわけではない😅そう私は思ってる。

それでも、やり繰り苦手な人はある程度の貯蓄が無いと、冠婚葬祭に近所づきあい、孫のお祝いなど何万円とまとまったお金の必要なイベントは必ずあるし💸病気したら入院費がかかる🏥

 

私は、一生涯入院や手術で給付金が出る医療保険と、死んだら150万の葬儀費用が出る保険を貯金代わりに夫婦で掛けている。

 

元々、私は浪費するのが苦手。

薄給だった時も、親のスネかじってた時も🤫収入の一部を毎月貯金する、が基本だった。

 

だから、2千万は無理だろうが、定年に向けて必ず貯蓄している自信はある。

しかし、、

例えばね、私の最初の就職先は地方のリゾートホテルで、給料は超安の12万7千円だった。

ここから、寮費1万と健康保険、厚生年金が引かれてた。

まーホント、これっぽっちじゃ何の贅沢もおしゃれも出来ないの💧

国会の財務局のお役人さんの答弁聞いてると、残念ながら将来の年金収入もこの程度みたいなのだ🤦🏻‍♀️

私の年代の人らが65才の時は今より30%くらい給付額が減るんだって。

 

こんな薄給の時でも、私は月平均4万貯金していた。

寮は借り上げマンションだったから、自炊で光熱費も払っていたけど。

同僚もみんな同じ給料だから、みんなで安く飲んで、金かけずに遊んで、毎日楽しかったな。

 

が、しかし、あの頃の倍以上の収入になった今は、あの生活はムリだ🙅‍♀️

年金で食べてく年になったら、、毎日の食費を節約して、旅行はおろか、外食も年に何回できることやら…

10万を30日で割れば1日の生活費が出る。。。

   ち〜ん…

娯楽はテレビくらいかな📺😿

 

 

ところで、、

金融庁の報告書は、

みんな、将来は節約生活だよ!

と警告するために作ったんじゃぁない。

あの報告書の狙いは、国民に”老後までに2千万の備えがいることを知ってもらい、投資で増やそう♪”と煽ること😾

 

マァ脳天気なお役人たちだこと…

貯蓄に回すお金も無い家庭がどんだけあるかって現実は後回しなんだね😩

 

そもそも、私はマクロ経済スライドを誤解していた。

ネーミングからぼんやりと、“経済状況に合わせて年金支給額を変化させる仕組み”、とイメージしていた。

でもそれは、物価が上がれば年金も上がるもの…って意味で捉えていたのであって、まさかまさか、税収の状況で「悪いけど下げるね」という言い訳に使うためとは思いもよらなかった😦

 

税金を何にいくら使うかは、時の政府のさじ加減。

災害復興にお金がかかりました、って話なら何も言えんが、アメリカから1機100億円もする戦闘機バンバン買物しちゃってお金無いんだ~とかで気軽に年金削られてもね☹️

おめーが尻ぬぐいしろや!と文句言いたくなるでしょ。

 

政府は年金財源の不足の理由をずっと「少子高齢化」にしてるんだが、、

少子高齢化」って言い始めて20年くらい経つよ📆

 

団塊の世代とか言われてた第一次ベビーブーム世代の労働者がいつ頃退職の時期を迎えるかは前々から分かっていて、その時に年金保険料の収入が減って、年金給付額が増えるってこと、政府は予測していたよ。

私はそれをニュースで見たよ。

 

でも、この20年…

政府はそのデータを「少子高齢化」をみんなに印象づける以外のことに利用してくれたのかな?

支給開始年齢を60→65才に引き上げたり、年金支給額を年々目減りさせる以外に何か、したのかな??

 

第一次ベビーブーム世代の2世たち、ちょうど私もそこに入るのだが、第二次ベビーブーム世代が今はまだ40代で働き盛り。

正常な社会なら、この世代が年金保険料を納めるんだから年金財源を支えられたはず。

そして、この第二次ベビーブーム世代がまた親たちと同じ割合で結婚し子供を産んでれば👨‍👩‍👧‍👦👨‍👩‍👦‍👦少子高齢化の心配は当分いらなかったんじゃないか?

 

年金の給付を節約することには早めの手を打ってたくせに、なんで少子高齢化を防ぐ方には何の手も打って来てないんだ?

少子化は晩婚化とか女性が社会進出したことが理由のように言われるけど、当事者の肌感覚としては、違うかな🙅🏻‍♂️

 

そもそも、私が大学生だった頃くらいから「フリーター」という言葉が生まれた。

更に、私の世代はバブル経済崩壊後の「就職氷河期」に突入❄️

私が就職活動のころ、女子はかなり厳しい状況だった☃️

私の通った大学は、地元の私立大の中ではそこそこレベルの高いほうだったが、

公務員専門学校に行ったり、地場の小さな会社を次々と面接行ったり、内定もらうためみんな必死だったよホント🥺

 

そんな経済状況なのに、96年以降、労働者派遣法をどんどん緩和。

規制緩和」って、まるでいいことのように謳ったが、企業は人件費を削りたいんだから、そらぁいつでも切れる上に社会保険なんかの経費も抑えられる派遣に同じ仕事させる方を選ぶよなー

 

私の周りにも、就職先が大手かと思いきや派遣で5年契約だった、なんて人がゴロゴロいた。

若い間は、簡単に大手の会社に高い時給で勤められるから、みんな何も問題に感じていなかった。

でも、、

結婚適齢期と言われる年齢になってくると… 男性は特に、フリーターや派遣社員のままで結婚なんて考えられないでしょ。

時給がいいと言ったってボーナスが無かったり、交通費込みにされてたり、有給が無かったりで、年収は2〜300万くらいなものだ。

貯金もできないだろうし、よほど楽天家でなきゃぁ結婚は遠のくよね💧

又は、責任を背負いたくないから1人でいいや、、という価値観になってったり。

 

なんで、あの状況で派遣法の緩和なんかしたんだ?

言いだしっぺ誰だ?

賛成した議員は誰だ?

 

あの頃から、パソナやらスタッフサービスやら、どんどん人材派遣会社が増えて、バンバンCMしてた。

 

今ではそういう雇い方が当たり前のようになっている。

 

所得が低いと、みんな安いものを探す→企業は生産のコストを抑える→人件費削る→みんなの給料下がる、、の悪循環🌀

 

これだから、正社員なら企業が折半できちんと積立するはずの年金保険料がまともに積立されてきていないんじゃないの?

40代なら本来、年収500万とか600万とかあって、納める年金額もかなり高額なはずなのに。

全ての労働者が正規雇用で働くまともな社会と、非正規雇用が多い現状とでは、国の年金保険料収入はどのくらい違うのか。

これこそ、失われた年金(保険料)じゃない??

役人はこういう試算はしないわけ?

現状を前提に減ってく試算だけするの?

 

私が20代の頃、知り合いの中には、自営業者も含めて非正規雇用の人て年金払っていないって人、結構いた。

今の職場に入り、所得の低い非正規で働く人がたくさん相談に来るのを見てて、50代ぐらいの非正規に働く人で年金保険料払ってない人が少なくないなぁと驚く😥

 

頑張っても70才あたりからはみんな保護に頼らざるを得ないだろう。

 

正規雇用が増えて国民の消費が増えれば、

消費者の需要が増える→メーカーの売上が増える→国内企業の利益が上がる→忙しくなるから雇用も増える😸

 

自ずと景気は上向きと評価され、日本株は当然、世界から人気出て株価も上がるでしょ。

政府が不安を煽って投資させなくとも、所得に余裕ができた人たちは株価上がるなら、自然に投資するよ。

 

今は日銀や年金機構が日本株を買い支えてて、それ狙いの海外ヘッジファンドが駆け引きして、去年からは上がったと思ったらその分下がり…いつ暴落するやらって感じの値動き💹

暴落したら何十兆円も投資した年金積立金やら日銀のお金、どーなるのかな?

株投資ミスったんで、って理由で支給額を気軽に減らすのは目に見えている…😩

 

せめて、ドイツみたいに同一労働同一賃金を守らせれば、最初は人件費がかさんでも必ず消費が回って、企業にリターンはあるのにな。

 

スイスは国民の平均月収が30万くらいらしい。

日本の国民も底上げしてみんなの月収が上がったら、みーんな幸せになるじゃないか?

海外の人からも、日本は豊かでいいなって褒められて、ますます誇れる国になると思う。