おしゃべり好きワーママの話のタネ

おしゃべり好きな私の脳内に溢れている話題を好きに綴っています

DVの証拠

離婚事件の時、夫からのDVやモラハラを受けたという訴えはつきもの🤼‍♀️

 

夫がこちらの依頼者という時は、形成不利なことが多い印象なのに(特に親権を争っているとき)、逆に被害に遭った妻が依頼者という時、DVやモラハラ被害を裁判で認めてもらって慰謝料を増額させるのは結構難しそう。

DVやモラハラを訴えられた夫が素直に認めることは無いし、たいてい夫の方からも「自分の方こそ被害者だ。妻が暴力を振るってきたから防御しただけだ。妻は感情的で怒ってばかりで毎日息苦しかった。」と散々に妻を悪者にして反対に慰謝料を請求してくる。

 

ほとんどが大袈裟な作り話だと思うが、そう主張しておけば間に立つ裁判官の印象は50対50でスタートするからだろう🙄

どちらの訴えが認められるかは、本人の主張が首尾一貫していて信憑性が高いとか、使える証拠をバッチリ提出しているとかが鍵のようだ🔑

 

私の個人的感想は、DVの証拠を録音とか写真でキッチリ残しているって、むしろ精神的に余裕があって、本当にDVか??と疑いたくなるけど〜🤔

 

弁護士は当然に依頼者の主張を信じて裁判を進めるけれど、事務員の立場の私は…傍らで見ていて、たいていのケースがよくある夫婦喧嘩が少し激しくなっちゃってるだけ?って印象😓

 

夫が元々口が悪く、妻への思いやりに欠ける人で(不器用なだけなのかな)、妻の方も聞き流せず言い返して、お互いヒートアップ・・・口で敗けると男の立つ瀬がない!みたいな心境で「パーン!」とやっちゃったのかなって感じ😓

 

だから裁判官にも深刻なDVとは受け取られにくいのかな。

けど、日ごろから喧嘩ばかりで夫が憎らしくてしかたない妻は、「暴力を振るわれた🤕慰謝料を請求してほしい💢」となる。

離婚前提なので暴力を許す理由なんてないし、少しでも多くお金を払わせようって心境にもなると思う。

 

夫の暴力によってPTSDと診断された、とか言って診断書を持って来る場合もあるのだけど、診断書くらいでは裁判でPTSDはそう簡単に認められない🤷🏻‍♀️

 

今まで働いてきた間に夫が無抵抗の妻にDVやって心理的服従させていた、みたいな本当に深刻なDV被害と思えるものは見たことは無いが、

もしも本当のDV被害に遭っていたら、頑張って証拠を残してほしい。

暴力を振るわれた時に出来た痣や傷はその日のうちに写真に撮っておく。

毎日なるべく日記をつける_φ(・_・ どんなきっかけで暴力を受けたか、書き留めておく。

親にDVを相談したメールは全て残しておく。

できれば整形外科を受診して、「夫から殴られた。」と言えたら特に有効。

お医者さんが警察に通報するかも知れないので、まだ離婚を決意できない人はつい隠してしまうみたいだけど。

DVという自覚も無いかも知れない。

 

夫の暴言がメールにも現れているなら有力な証拠になる。

DV夫から妻へのメールって、なぜかたいてい口調が丁寧😬

女性に手を上げるような卑劣な夫は、証拠を残さないように計算するのか?

とも思うのだけれど、メールの字面では「旦那さん、本当にそんな暴力ふるう人なのかなぁ。」と疑問になるくらい気を使った感じだったりする。

 

裁判でDVによってPTSDを発症したと認められるのは更にハードル高い印象。

PTSDは人によっても症状は様々だし、医者が暴力の痕を見ていなければ、本人の言い分が事実ならば、PTSDでしょう、としか証言はしてもらえないし。

 

しかし、DVを受けている最中に心療内科に頻繁に通うとか有り得ないと思う。

 

それと、医者は診療録を将来、離婚裁判の証拠で出すなんて想定して作っていなくて、あくまで日々の症状経過や治療録をつける目的なので、詳細に書く先生もいれば、大雑把で会話のうち2~3個の発言のみしか書かない先生もいる。

医者の評判とカルテの記載内容は比例するのかな?

評判で忙しい医者ほど、診療録を詳細につけられないかも知れないし。

 

詳細な診療録なら当然、証拠に使えることが多い。けど、詳細なだけに書かなくていいことも書かれていたりする🤦🏻‍♀️

例えば、本人の「夫と離婚を考えていて、弁護士に相談している。」という発言で、弁護士のアドバイスで診断書をもらいに来たかのように記録されていたり、

PTSDで仕事に就けないと裁判では主張していたけれど、カルテに「働くと生活費を減らされちゃう。」と発言したと書かれていたことがある。

 

たいてい医者の印象で書かれていて、本人がその通り言ってはいないのだが。

 

病院のカルテって本人が生活不安をもらした発言は割と拾って記録してある。

医者にすると本人の生活状況は治療上必要なキーワードなのかな。

 

そういう記述を相手は裁判で殊更に大袈裟につっこむ🧛🏽‍♂️

妻はこういう計算高い人間だ。慰謝料目的で病院にかかっているだけでPTSDなんかではない!って🤷🏻‍♀️

ホント酷い言いぐさなのだけど、全面対決だから裁判に至っているわけで、こんな展開で傷ついていては闘えない😿

 

 

実際は、PTSDに罹患しているって、当の本人には自覚しにくいだろうと思う。

DVで心理的に支配されていたら、思考停止になっていたり、自分が悪いから夫が怒ったんだと考えるみたいで、夫のせいで私の精神が壊れて来た、と自覚してDVを受けている最中に心療内科に通院するって有り得ないだろうな。

たいてい、夫から逃げ出してどこかにかくまわれて、少し生活が落ち着いて・・・くらいの時に症状を発症して、初めて精神科を受診したらPTSDですって診断されるんじゃないだろうか。

だから証拠があることって殆ど無いんじゃないかな。

PTSDの要因になる、命の危険を感じるような恐怖(暴力)の証拠を写真とか、誰かに相談するとかして残しておくべきだけど。

最強なのは録音🎤

 

夫婦間のDVだけでなく、会社内でのパワハラ、子ども間のイジメも同じだと思う。

経験した記憶だけで訴えても、証拠が無いとなかなか認められない。

加害者側の言い分はたいてい、ただのケンカだとか、指導だとか・・・

訴えた被害者の方が神経質過ぎる、クレーマー体質だという話にされて更に傷つけられるなぁと悲しくなる😢